注意すること

キッチン

賃貸マンションを借りる場合、部屋はなるべく汚さないように気を付けて住むことが大事です。ちょっっとでもクロスをはがしてしまったり、フローリングに傷をつけてしまうと、退去するときに「原状回復費」を請求されることがあるからです。原状回復費とは傷や汚れがある箇所や、故障した設備などを修繕するために必要な費用のことです。 今は敷金を返金してもらえないという賃貸マンションの敷金トラブルが増えたため、「原状回復に関するガイドライン」というのが決められています。それには経年劣化による汚れやシミなどは借り主に責任はないと明記されています。しかし、実情としては守られていないケースが多いようです。そのため、普段から掃除をこまめにしておくことが大事です。

賃貸マンションで多い敷金トラブルは、ちょっとしたことで防げます。入居した当日のうちにすべきなのが、部屋の内装や水回りなどの設備チェックです。賃貸マンションによっては入居したときに管理会社のほうから「チェックシート」のような書面が渡されます。それに故障している個所や傷や汚れなどが気になる箇所を入力して提出しておけば、その箇所に関しては自分の責任ではなくなります。 チェックシートが渡されない場合は自分で作っておくことです。ちょっとした傷など気になる箇所を細かくメモし、写真を添付して管理会社に提出するか、自分で保管しておきます。そうすることで退去するときに不当な現状回復費が請求される心配がなくなります。